複数社の引っ越しの見積もりで対応の良さを確認する

複数社の引っ越しの見積もりで対応の良さを確認する

どこかの業者のお世話になる場合には、対応の良し悪しなどが重要なポイントになり得ます。

 

そもそも業者とのお付き合いは、できるだけ後味などを良くしたいものです。

 

後味が悪ければ、悪い思い出が残ってしまう事もあるでしょう。

 

その際にポイントになるのが、担当者の対応が良いか否かです。

 

やはり良い対応をしてくれる業者ならば、後々になって良い思い出も残る傾向があります。

 

気持ちよく取引できるに越した事はありませんね。

 

そして、引っ越しもその1つになるのです。

 

運送会社などに任せるケースが殆どですが、やはり担当の方々が気持ち良く対応してくれるか否かは、上述の後味には大きく関わってくるでしょう。

 

当然ですが、適切な対応をしてくれる業者が望ましいですね。

 

それを見極める為の手段が、見積もりなのです。

 

いわゆる料金を算出してもらう手続きとなりますが、その時には業者の対応などは、まず間違いなく確認する事ができます。

 

業者に訪問に来てもらう訳ですから、顧客対応が良いかどうかは着実に把握できるでしょう。

 

それで複数会社の担当の方から、料金を算出してもらうのも悪くありませんね。

 

各社の対応を比較して、一番良い所に仕事を依頼できる可能性も高まるからです。

 

だいたいいくら?引っ越し見積もりで絶対してはいけないマナー違反

 

大切なことがまだ決まってないのに、引っ越し見積もりをするのはよくありません。

 

引っ越し先の住所、引っ越しの希望日、引っ越し先に運ぶ物、こうしたことがもし決まっていないのに引っ越し見積もりをしては決していけません。

 

また仮にある程度のことでいいのでと言われて、それをもし実際にその日に引っ越しをできるかどうかも分からなければ、用意する車でさえどうなるか分かりません。

 

つまり引っ越し業者の見積もりで出せるものといえば、最も高くなるであろう引っ越し料金しか提示できないんです。

 

引っ越し業者が止むを得ず提示した金額を参考にお客側はそれをその引っ越し業者の料金設定だと勘違いして、さらにはその料金設定をそのまま鵜呑みにして、他の引っ越し業者と比較してしまうことにもなりかねません。

 

ようするに不確定な要素があるために、どうしても仕方の無い高い引っ越し料金設定になっただけなのに、それをお客からしてみればあそこは高かったということになってしまいます。

 

引っ越し業者にしてみれば、まだはっきりした見積もりも出されていないのに、大切な見込み客を失ってしまうことにもなります。

 

ですからこれはマナーとして理解して、だいたいどの程度の料金と訪ねるのは止めておきましょう。